ジャカルタでサイクリングが流行

ジャカルタの新しいトレンドはサイクリング

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、サイクリングがジャカルタの新しいトレンドになっています。

ジャカルタの道路では、さまざまな年齢のサイクリストが見られます。

サイクリングがトレンドになった大きな理由は、ジャカルタの大規模な社会的規制(PSBB)の期間中にずっと外出できず、そのような生活に退屈した人々が、体を動かすためにサイクリングを始めたことが挙げられます。

サイクリングは健康に良いので、新型コロナウイルス感染拡大を恐れジムへ行くことをためらう人々にとって、新しい健康維持のための習慣にもなります。

サイクリングがトレンドになったもう1つの理由は、人との距離を保つことができるので、安全に移動することができると考えられたことが挙げられます。

規制緩和に伴いジャカルタの企業は営業を再開しはじめましたが、混雑する公共交通機関を利用せず、自転車通勤をする人が増えてきました。

ジャカルタ運輸省のデータによると、自転車ユーザーが以前に比べ10倍に増加したため、州政府は駐輪場を増やすことを検討しはじめました。現在、オフィスビル、ショッピングモールなどの駐輪場の利用状況を調査しています。

ジャカルタ州知事もまた、自転車の利用を推奨し、サイクリストのための施設整備を引き続きサポートする予定です。

お問い合わせ

東南アジア専門訪日プロモーション
株式会社リレーション・ジャパン

〒220-0023 横浜市西区平沼1-3-13 大勝ビル4階
TEL:045-328-3095 / FAX:045-328-3096