タイのお正月とは?

前回はインドネシアの年末年始の過ごし方についてお伝えしましたが、今回はタイのお話です。実はタイには正月が3回あります・・・。

①一般的なお正月(1月)②旧正月(1月末から2月初め)③ソンクラーン(4月)

タイでは12月31日と1月1日がお休みとなりますが、2日からは通常にもどります。しかしソンクラーンのお祭りが終わるまではタイはずっとお正月モードになります。

タイ人の大晦日の過ごし方

タイでは大晦日には親戚が集まり食事をしたり、各地で開催されるカウントダウンのイベントに参加したりします。バンコクでは、チャオプラヤー川沿い、セントラルワールド前の広場などでカウントダウンのイベントが開催されます。

年末年始に食べる特別な料理は?

日本では12月31日は年越しそば、お正月にはお雑煮やおせち料理を食べる風習がありますが、タイでは特にこの時期に食べる特別な料理はありません。

タイ人の元旦の過ごし方

元旦は朝早くから家族でお寺に行って、タンブン(僧侶やお寺にお布施をしたりすること)をします。

また、タイのラッキーナンバーは「9」なので、9か所の寺院巡りなんかも人気です。

そしてお買いもの大好きなタイ人は、正月にショッピングモールへ出かけます。バンコクにあるショッピングモールではお正月セールを開催します。1月末には旧正月も控えているため、この時期は非常に賑わいをみせます。

インドネシアとタイの年末年始の過ごし方についてお伝えしましたが、それぞれ面白い風習がありますね。

さて、今年も残りわずかとなりました。皆様にとって次の年が良い1年となりますように・・・。

お問い合わせ

東南アジア専門訪日プロモーション
株式会社リレーション・ジャパン

〒220-0023 横浜市西区平沼1-3-13 大勝ビル4階
TEL:045-328-3095 / FAX:045-328-3096