技術の躍進によりツアー販売が低迷下、今後の動きは?

タイ支社より、今回は旅行会社の今後について考えていきたいと思います。

 

ツアーが壊れる!?

数年前から、多くの外国人観光客がタイへ旅行に訪れていました。

そんな中、実は旅行会社は大変な状況でした。

発展したこの世界では、テクノロジーを始め、人々の行動やビジネス競争などの要因により

現在の旅行会社の状況や人々の行動が変化してきました。

現在の人々はツアーに参加するのではなく、時間を管理されずに自由に旅行をしていきたいため、自分で旅行をセッティングし、親しい友人行動を共にしたいと考えています。

参考:https://www.thairath.co.th/news/business/1603990

 

テクノロジーの躍進

以前は、外国に観光へ行くときには旅行会社に相談をしないといけませんでした。

旅行会社に相談すれば、知らない場所でも迷わず行けるということが重要で、現地の人とのコミュニケーションも便利でした。そのため現地の人とのコミュニケーションも便利になりました。

しかし、現在はテクノロジーが向上したため、わからない外国語も翻訳できるようになりましたし、英語の地図や英語の電車の乗換案内もあります。

また、自分でホテルや飛行機のチケットを事前に予約することもでき、その値段は旅行会社と比べても大して変わりありません。

写真URL:http://smarterware.org/2016/09/5-reasons-midst-technological-golden-age/

 

現在の人々の動き

現在の人々は旅行が好きです。前の世代の人々よりも旅行することに投資をしています。

その理由は、友達や知り合いとの時間を大事にし、自由に好きなことを始められるようになっているからです。

現代のテクノロジーは、人々の動きにも影響します。そのため、正確で便利な情報がすぐ手に入る環境となってしまったため、ツアーの需要も減少傾向にあります。

特に“Gen Z”が成長したこともあり、絶対に旅行会社は変わらなければなりません。

写真のURL:https://www.thenational.ae/lifestyle/travel/going-it-alone-the-safest-countries-to-visit-as-a-solo-traveller-1.849684

 

 

Gen Zとは?

Gen Z(Generation Z)とは後世の人を指すグループです。

年齢は16~24歳で1990年代半ばから2000年代前半生まれの世代を指します。将来の傾向を決定するグループです。

そして、近年の技術革新と共に成長した世代です。

お金の計画は旅行のことが多くなっています。
参考:GEN Zとはhttps://brandinside.asia/research-gen-z-travel/

 

旅行会社の状況?

旅行会社が多いため、今まで価格競争は当たり前でした。

しかし、その方法はこれからの問題には適しません。さらなる値下げをすると、利益が下がってしまいます。

テクノロジーが躍進してきたので、観光客は自分で旅行の計画ができます。その後、観光した人は旅行後に自分で旅行したところをレビューに書いて、ネットに投稿します。

 

どうすればいい?

時代の変化に合わせて、旅行会社は変化に合わせていかなければなりません。

例えば、個人旅行客を賛成していきます。大企業が参入してこない、ニッチ観光客などです。

ホテルやレストランの事業でも個人観光客を賛成していかなければなりません。

 

昨今の観光客は、いろいろな場所に行ってみたいと考えているのでホテルの選択肢はほかの町に増えます。

バンコクのホテルは多すぎるため、バンコクのホテルは拡大すべきではありませんが、観光客をバンコクに引き付けたいのであれば、どんな街にもないユニークさが必要です。

今後ホテルが生き残っていくためには、もっとFITの観光客を賛成していくことが課題になっていきます

 

値下げをするのではなく、今後は観光客の満足度が重要です!

安全面や便利さだけではなく、事故にあった場合の準備や老人の観光客に対してもです。

色々なツアータイプも作ると良いですね。

例えば、冒険のような活動と文化を織り交ぜたツアーなど。

 

最後に、旅行会社はより多くのオンラインチャネルを使用して顧客に接する必要があります。

プロモーションもあり、常に顧客にアプローチする準備ができます。

参考:https://www.thairath.co.th/news/business/1603990

 

お問い合わせ

東南アジア専門訪日プロモーション
株式会社Relation

〒220-0023 横浜市西区平沼1-3-13 大勝ビル4階
TEL:045-328-3095 / FAX:045-328-3096