インドネシア人の旅行シーズン

インドネシアの祝日

今年ももう10月になりました。早いですね…。今回はインドネシアの祝日や旅行シーズンのお話です。

2019年の前半は、ご覧の通りインドネシアにはたくさん祝日があり、多くのインドネシア人が旅行に出かけました。

しかし7月~11月にかけて、インドネシアの祝日は土曜か日曜に重なってます。(インドネシアの独立記念日も8月17日土曜日でした。)そのため、2019年後半は旅行に出かける人が少なくなりそうです。

でも12月になればクリスマスや新年が控えているので旅行者も増えるかもしれませんね。

 

インドネシア人の旅行シーズン

インドネシアには旅行シーズンが3回あります。

①クリスマスや新年のお休みの時期

②学校のお休みの時期(小・中・高校は1月頃と7月頃)

※この時期はちょうど新年とレバラン(「レバラン」については最後に説明します)が近いので、家族旅行が多いです。

③レバランの時期(今年は6月5日から6日がレバランでした。)

※国内旅行、もしくはインドネシアから近いシンガポールやマレーシアが人気です。

レバランとは?

イスラム歴10月1日をレバランと言います。ムスリムが約90%を占めるインドネシアでは、宗教祭日の一つとなっています。イスラム暦の9月を「ラマダン」(もしくは「断食月」)と呼びますが、レバランの日にラマダンが終わったことを盛大に祝います。

1週間程度の休みになることが多く(今年は6月1日~6月9日までの9連休でした)、インドネシア人にとって1年で一番大きな休暇で、楽しみにしている人が多いです。

お問い合わせ

東南アジア専門訪日プロモーション
株式会社Relation

〒220-0023 横浜市西区平沼1-3-13 大勝ビル4階
TEL:045-328-3095 / FAX:045-328-3096